注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

広島県のおすすめ観光地7選

  • 2019年3月3日
  • 2019年6月10日
  • 未分類
  • 20回
  • 0件

1.原爆ドーム

「原爆ドーム」は大正四年(1915)に「広島県物産陳列館」として建設されました。設計はチェコ人の建築家ヤン・レッツェルが手掛け、ネオバロックと分離派の混合した様式は当時の最先端のデザインでした。

194586日、アメリカのB-29爆撃機が、建物のすぐ脇の相生橋を目標に原爆を投下します。爆弾は上空約600メートルで炸裂したといわれ、ほぼ真下に位置していた原爆ドームは、わずか1秒以内にほぼ全壊したとされています。

しかし、熱で銅製の天井ドームが一瞬で溶け、爆風が窓から吹き抜けたことにより、建物枠組みだけが奇跡的に残ることになりました。間近にこの原爆ドームを見ることで戦争の悲惨さや核兵器の恐ろしさがひしひしと伝わってきます。

2.平和記念公園

平和記念公園は原爆ドームの対岸にあります。園内には広島平和祈念資料館や平和の灯、原爆死没者慰霊碑、原爆死没者追悼平和祈念館など様々な資料館やモニュメントがあります。

公園の中央にある原爆死没者慰霊碑は、犠牲者を雨から守るという意味で鞍型の屋根が付いています。

そして、原爆死没者慰霊碑の手前にあるのが「平和の灯」です。1964年に建設された平和の灯は、掌を空に広げた形をしていて、その中央に核兵器のない恒久平和の世界の実現まで火が灯し続けられます。原爆死没者慰霊碑の前に立つと、鞍型屋根の隙間の向こうに、原爆ドームと平和の灯が見えるようになっています。

3.広島城

天正17年に造られた毛利輝元築城の城。鯉城と呼ばれる優美な城でしたが、原爆により天守閣が全壊しました。現在は復元され武家文化を中心に紹介する歴史博物館になっています。望楼となっている最上階は広島の町が一望でき、暑い真夏の広島でも、風の涼しさを感じることができます。また、広島城は夜間、天守閣のライトアップが行われています。

4.宮島 厳島神社

宮島は松島と天橋立に並び、日本を象徴する三大絶景のひとつです。

弥山の緑を背景に海に浮かぶ厳島神社は、ここでしか見ることのできない唯一無二の風景といえます。

厳島神社はユネスコの世界文化遺産にも登録されている誇り高き日本の名社でもあります。1400年以上の歴史があり、赤塗りの社殿は平安時代の寝殿造り形式をとっています。満潮時には海上に浮かぶ社殿や鳥居の幻想的な光景が見られ、干潮時なら鳥居まで歩いていけるようになっています。宮島観光協会のサイトなどで潮汐の時間は調べられますので、見たい時間帯を確認してから行ってみてください。

宮島桟橋から厳島神社へと向かう道の両脇には様々な商店が軒を連ねており、お土産や広島名物を楽しむことができます。

また「宮島は日本有数の紅葉の名所」としても知られています。島の中央部にある紅葉谷公園には約700本のカエデが植えられていて、シンボルのもみじ橋の周囲をたくさんの鹿が歩いています。

11月中旬の紅葉シーズンに訪れるのがベストです。また、紅葉谷公園からはロープウェイ駅までの無料シャトルバスも発着しているため、そのままロープウェイを楽しむこともできます。

5.縮景園

縮景園は1620年に別邸の庭として造られた庭園です。世界的な景勝地である中国の「西湖」を模して縮景していることから、「縮景園」という名がつけられたとされています。池を中心に山や渓谷、茶室を配した池泉回遊式庭園で、緑豊かな空間は国の名勝に指定されています。

6.大和ミュージアム

広島県、呉にあった呉軍港は世界最大の戦艦「大和」を建造した東洋一の軍港です。大和ミュージアムは日本一の海軍工廠の町として栄えた「呉の歴史」と造船、製鋼を始めとした各種の「科学技術」を紹介する博物館です。館内では10分の1戦艦「大和」や、零式艦上戦闘機、通称零戦、人間魚雷「回天」といった実物資料を見ることができます。

7.TOHO BEADS STYLE ガラスの里

広島市安佐北区にあるTOHO BEADS STYLE ガラスの里はガラスの歴史がわかる博物館や世界のガラスを展示する美術館などがある複合施設です。ビーズや工芸品の他、太古のガラス、現代アートと、世界中の美術品や貴重な資料が幅広く集められています。吹きガラスやステンドグラスなどの製作体験も可能です。所要時間は3090分ほどなので気軽に訪れることも出来ます。

補足:広島風お好み焼き

原爆投下で大きな被害を受けた市街地の焼け跡で営業していた屋台で、人気を集めた「一銭洋食」が発展し、現在のスタイルになったと言われています。
具と生地を混ぜてから焼く関西風と異なり、小麦粉を水で溶いて薄く焼き、大量のキャベツの千切りをのせます。さらに、そばやうどん、肉などの具を重ねて、薄焼き卵で表面を覆って仕上げます。

広島には至る所に広島風お好み焼きのお店があります。県民食としても大変人気があり、様々なトッピングも用意されているため、自分のお好みの味を作ることができます。

まとめ

今回は広島市内を中心に、広島県の観光地を紹介しました。戦争の悲惨さを学んだ後は厳島神社の美しい風景に癒される、そんな旅はいかがでしょうか?