注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

世界遺産 合掌造りの白川郷の魅力に迫る

  • 2019年2月10日
  • 2019年6月10日
  • 未分類
  • 9回
  • 0件

白川郷合掌造り集落は岐阜県にある世界遺産です。白川郷観光は一日あれば十分ですが、冬には合掌造りがライトアップされ、それを見るために宿泊する観光客も多いです。今回はそんな白川郷の観光地をルートと共に紹介します。

1.
天守閣展望台
2.
県重文9棟野外博物館 合掌造り民家園
3.
明善寺庫裡
4.
長瀬家、神田家、和田家
5.おすすめ
昼食
6
白川郷の湯
7.
アクセス
8.
まとめ

1.天守閣展望台

バスターミナルを出てすぐ、観光マップを片手にまずは展望台行きのバス乗り場へ向かいましょう。徒歩で向かうこともできますが日帰り旅行の際は時間節約も兼ねてバスを利用すると便利です。(片道200)
また冬季は展望台への歩道は封鎖されるため、バスを利用しましょう。

バスで5分ほど、徒歩では20分ほどで合掌造り集落を一望できる天守閣展望台へ到着します。売店やお食事どころもあり、観光地として整備されています。
展望台からは多くの合掌造りの家を見ることができます。
景色としてはここから眺める景色が一番綺麗でさ。特に冬の夜に行くと雪を被った合掌造り集落がライトアップされ幻想的な雰囲気を味わえることで有名で多くの人が訪れています。

2. 県重文9棟野外博物館 合掌造り民家園

その後メイン通りを歩き続けていくと多くのお土産屋や、お食事処が並んでいます。せっかくなので飛騨牛のコロッケやみたらし団子、岐阜県名物、五平餅などを買いつつ食べ歩き、というのもお勧めです。
この通りにあるお土産屋や、お食事処もほとんどが合掌造りであり、まさに集落と呼ぶに相応しい光景が広がっています。しばらく進んで右に曲がると秋葉神社とであい橋があります。であい橋を渡りしばらく進むと、県重文
9棟野外博物館 合掌造り民家園に着きます。
ここには現存する最古の合掌造りの建物や県の重要文化財に指定されている建物を見学することができます。入場料は
600円ですが、貴重な合掌造りの建物を間近に見ることができるので入る価値ありです。

3. 明善寺庫裡

見学を終えた後は明善寺庫裡へ向かいます。明善寺庫裡は合掌造り集落で一番大きな合掌造りです。中には囲炉裏がありとても暖かく、奥へと進むと本堂へと繋がっています。本堂では、京都の東寺や醍醐寺にもある、浜田泰介画伯の障壁画を見る事ができます。合掌造りを寺院に使っているのはこの建物だけだとのことでとても貴重な建物であることがわかります。

4. 長瀬家、神田家、和田家

次に向かうのは長瀬家、中には昔から使われていた家財が展示されており、二階から上には当時使われていた道具が展示されていたり、使われていた部屋の解説などがされています。
その後神田家にも行きましたが展示品が異なります。特にここでは江戸時代の医療器具を見ることができます。
そして次に訪れるのが国の重要文化財にも登録されている和田家 やはり長瀬家、神田家よりも広く展示品も多く観光客も沢山いました。二階へと続く階段は人一人通るのがやっとのスペースのため、登る人と降りる人が交互に降りる必要があり、渋滞になることがあります。

5.おすすめ昼食

主要観光スポットを一通り回ったところで少し遅めのお昼を取ります。
白川郷に来たら是非食べたいのが飛騨牛です。白川郷には飛騨牛を食べられるお店が多くありますが、出来るだけリーズナブルに飛騨牛を食べたいという方にはバスターミナルの近くにある「あらい」がおすすめです。

ここのおすすめは飛騨牛朴葉味噌定食です。飛騨牛もとても柔らかく、脂に甘みがあり、それが朴葉味噌にとても合っています。さらに飛騨牛の後ろには豆腐が隠れており、豆腐ざんまいの定食になっています。
また、がっつりと飛騨牛を食べたいという人には「飛騨牛食べ処 てんから」がおすすめです。
飛騨牛サーロイン御膳や飛騨牛極上ロース御膳がおすすめです。

6.白川郷の湯

白川の湯は温泉宿なのですが日帰り入浴もできます。
内湯と露天風呂が一つずつ、とても広いというわけではありませんが露天風呂から見える眺めは、天気が晴天だと最高でしばらく露天風呂に浸かりながら眺めていても飽きません。
また、日帰り入浴は昼間であれば温泉は貸切状態であることが多いです。その
ため白川郷へ日帰りで行く際は白川郷の湯は昼間に行くことをお勧めします。

7.アクセス

公共交通機関でのアクセス

白川郷とバスで結ばれている主要駅は名古屋、金沢、富山、高山、高岡の5駅になります。関東や関西から個人で公共交通機関で行くのは名古屋まで行く必要があります。バスの本数は結構多く、この主要駅からであれば日帰りで楽しむことも十分できます。

車でのアクセス

東海北陸道 白川郷ICからすぐ

世界遺産白川郷合掌造り集落付近には公共駐車場「村営せせらぎ公園駐車場」があります。村営せせらぎ公園駐車場は観光案内所があり、駐車料金の一部は世界遺産の保存に活用されています。混雑の際は、係員が「寺尾臨時駐車場」や「みだしま公園駐車場」へ誘導してくれます。
※駐車場は17:00までしか利用できませんのでご注意ください。

まとめ

白川郷は一人旅、カップル、友人同士、どのような人で行っても楽しめるスポットです。また、日帰りでも宿泊でも楽しめるため旅程も組みやすいです。次の旅行先の候補に白川郷を加えてみてはどうでしょうか?